カテゴリー: 小説

「0」白川小六

『152』 白い壁に設置された画面に、デカデカと数字が表示される。「ヒャク ゴジ…